MOX燃料工場、審査に合格 規制委、核燃サイクル主要施設(共同通信)

出典元:共同通信

原子力規制委員会は9日の定例会合で、日本原燃のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料加工工場(青森県六ケ所村)の安全対策が新規制基準に適合しているとする「審査書」を決定した。同工場は正式に審査に合格した。

 MOX工場は、原発の使用済み核燃料を化学処理(再処理)して取り出したプルトニウムやウランを、燃料として繰り返し使う国策「核燃料サイクル」の主要施設。再処理工場(六ケ所村)で作ったMOX粉末を燃料に加工する。

 国や電力会社はMOX燃料を使う「プルサーマル発電」によりプルトニウムを消費するとしているが、福島第1原発事故後、再稼働原発は4基にとどまる。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です