80歳でYouTuberデビュー、釈迦「十二因縁」にも向き合いたい【牛次郎 流れ流され80年】(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【牛次郎 流れ流され80年】#80

 牛次郎が伊豆の伊東市に建立した願行寺は、実妹の娘の覚演が、住職として切り盛りしている。

「息子はアニメ関係の仕事をしていて、坊主になる気はない。『寺を造ったのは親父の勝手。せがれに責任を持てっていう理屈はないだろ』って考えだ。それで姪っ子が養女になった。よくしてくれてるよ。俺は初めから英才教育で、檀家との付き合いとか、明日からすぐに使える実務的なことしか教えないんだ。いま、森鴎外のこの作品を写しなさい、とかって言われても、腹が立つだろ?」

 60年近く連れ添った妻は4年前に亡くなった。梶原一騎、その弟の真樹日佐夫、「男どアホウ甲子園」の佐々木守、「唐獅子警察」の滝沢解……漫画や劇画の原作者の先輩や仲間も今はいない。目をかけてくれた池波正太郎や柴田錬三郎、銀座で一緒になった勝目梓、広山義慶、梓林太郎といった作家仲間も鬼籍に入っている。勝新太郎、若山富三郎、金子信雄も泉下の客となった。

■「一番最後になっちゃったけどとうとう来たかな」

「とうとう一番最後になっちゃったな。最近は腰と右足が痛くて、もう、どうにもならないね。この前も東京に行ったんだけど、全然歩けなくて、今は家の中でも杖をついてる。志村けんがコントで演じたお婆さんみたいだって笑われてるよ。おれもいよいよ来たかなって、感じがするね」

 その一方で、今年からユーチューブも始めた。「80歳のユーチューバーだ。あんまりいないだろ?」と笑う。やり残していることは、まだ多い。

「この世には流行と不易がある。仏教にとっての不易は、『まつる』『供養する』ってことだと思うけど、最近は葬儀もやらずにそのまま火葬場で焼いちゃう『直葬』も増えてるんだろ? 別に立派な墓石を建てなきゃならないなんてだれも言ってないし、たくあん石なんて物をポンと置いとくだけでもいい。実際に一休さんはそうだって言うけど、それもなくなったらどうなっちゃうのかね」

 日本の伝統の中で培われた仏教の教えをもう一度、ちゃんと整理して残したいという思いもある。

「釈迦の教えに『十二因縁』っていうのがあるんだよ。我々の一生は前世から始まっていて、それは悪因なのか善因なのかは分からないけど、12個の因縁によって生きている、と。般若心経の中にも、無無明亦無無明尽(むーむーみょうやくむーむーみょうじん)、乃至無老死(ないしーむーろうしー)、亦無老死尽(やくむーろうしーじん)って、ちゃんと入ってる。釈迦はその12個を最初の前世から順番に瞑想していって、次にゴール、つまり死からさかのぼって瞑想した。それで悟ったっていうんだけど、これに関する本が本当にないんだ。ダライ・ラマが書いたのがあるんだけど、読んでみてもさっぱり分からない。十二因縁が分かると、なぜ人間が生まれてきたのか、死んだらどこに行くのか、輪廻転生の意味も分かる。だから俺もいっぺん、ちゃんと書かなきゃいけないかなって思ってるんだよ」

 人生は100年時代。3ケタの大台に乗るまで、あと20年だ。 =敬称略、おわり

(取材・文=二口隆光/日刊ゲンダイ)

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です