38歳ヤクルト青木宣親が3年10億円 異例の契約で球団が描く“青写真”(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

幹部候補生としての期待が如実に表れた。

 ヤクルトの外野手・青木宣親(38)が4日に契約更改。来季から新たに「3年総額10億円」の破格契約を結んだ。

“球界の小泉純一郎”古田敦也氏のヤクルト監督復帰は?

「この年で3年契約、高く評価してくれました」

 本人がそう口にしたように、球団に41歳まで現役を保証されたことになる。3年契約の3年目だった今季は107試合に出場して打率・317、18本塁打、51打点。大ベテランの域に入っても首位打者3回の打撃技術は健在とはいえ、39歳からの3年契約には当然、リスクも生じる。

「衣笠球団社長は2018年にメジャーから復帰した青木に絶大な信頼を寄せていますからね。押しも押されもせぬ幹部候補生に、リスク度外視で球団としての最大限の誠意を見せたということでしょう。青木はすでに将来の監督就任が確実視されていますが、本人は指導者よりチーム編成、つまりGM就任により興味を持っているという話もあります。メジャーで6年間プレーした経験を監督よりさらに上の立場で生かしたいとの考えがあるようです。球団フロントの一部は、青木と2学年上の石川(雅規=40)の現役引退を待って、『青木GM、石川監督』という体制をつくる青写真を描いています」(ヤクルトOB)

 この日の契約更改後には、高津監督と7年総額35億円の超大型契約でヤクルト残留を決めた山田哲人(28)が登場。同日に明らかになったエース小川泰弘(30)のFA権行使のショックを振り払うかのように、青木から山田への“キャプテン禅譲式”が行われた。山田が高津監督に来季からの主将就任を直談判。相談された青木が「これからのヤクルトを考えたらすごくいいこと」と応じたという。代わりに、高津監督から「終身名誉キャプテン」の称号を与えられた青木。将来のGMの頭には、山田監督誕生の構想も浮かんでいることだろう。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です