阪神がまたすがる韓国ルート MVPロハスと20勝右腕アルカンタラは活躍できる?(日刊ゲンダイDIGITAL)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

ボーアをクビにした阪神は今オフの助っ人補強で、今季韓国KT所属の2冠王メル・ロハス・ジュニア(30)と、斗山所属の20勝右腕ラウル・アルカンタラ投手(27)をリストアップしているという。

 ロハスは189センチ、102キロの両打ち外野手。これといった穴がないパワーヒッターで今季は47本塁打、135打点で2冠。2年前にも43本塁打、114打点、18盗塁を記録。アルカンタラは、150キロ超の速球にツーシームとチェンジアップが武器。今季31試合に登板し、20勝2敗、防御率2・54の好成績を残した。

 阪神は近年、韓国球界で実績のある助っ人を何人も獲得している。13年オフは韓国代表右腕の呉昇桓。17年オフには2年連続3割、30本、100打点のウィリン・ロサリオ(ハンファ)を取り、今季もキウムで打率・305、28本塁打、113打点のジェリー・サンズを入団させた。

「阪神は韓国ルートにかなりの自信を持っているようです」と、韓国球界関係者がこういう。

「毎年NPBのスカウトは、黄金週間直後に韓国に視察にくる。少しでも目立った選手がいれば夏に再びやってくる。本気で取る気になったら9月に球団幹部を連れてきます。代理人は日本の球団から好条件を引き出したいので、争奪戦になれば資金力のあるソフトバンクか巨人、阪神が有利です。昨オフSKから巨人に移籍(2年約7億円)したサンチェスも、早くから目をつけていた球団があったが手を引かざるをえなかった。そんな事情から、ソフトバンク、巨人、阪神は韓国にいる助っ人の情報量が多いのは事実です」

■阪神で活躍できるかは別問題

 在京球団の関係者がいう。

「阪神は助っ人の性格を重視している。韓国で実績を残した選手は順応性が高く、食生活の面でもあまり心配ない。昔ほどではないが、韓国は上下関係が厳しく、プライドが高い者やわがままな選手はうまくやっていけない。韓国で活躍した選手はリスクが少ないとみているのでしょう」

 ただし、韓国と同じように阪神でも活躍できるかは別問題だという。

「阪神入りした助っ人は入団前から異常に注目される。キャンプでは一日中記者とカメラマンに追い回され、『どんな日本食が好き?』だとか、つまらない質問ばかり受ける。開幕して成績が悪ければナインから冷たい目を向けられ、コーチのフォローもない。例えばロハスは、メジャー経験はないし、KTでもマスコミから追いかけられることもなかった。ロハスは争奪戦が予想されますが、阪神入りすれば取材攻勢や熱狂的な応援にびっくりするはずです」(前出の球団関係者)

 阪神だけはよくよく考えた方がいい。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です