横浜FC松井大輔ベトナムVリーグへ 仏での経験が移籍後押し(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

ベトナムのVリーグ1部のサイゴンFCへの移籍が決まった元日本代表MF松井大輔(39)が、4日のオンライン記者会見で「トップ下や(攻撃的な)前の方でプレーできれば楽しいかな、と思います。(技術重視の)自分らしさを思い出したい」とリラックスした雰囲気で話した。

 今回の移籍話は「3週間ほど前にエージェント経由ではなく、ダイレクトに横浜FCのフロントに入ってきた」(マスコミ関係者)という。

 2011年に創設された新興クラブのサイゴンFCは16年に1部に昇格し、南部のホーチミン市を本拠地としてスタジアム、クラブハウスなど環境整備にも積極的な投資を行っている。東南アジアの人気クラブに成長することを目標に掲げ、欧州での実績があってW杯で結果を残した<知名度の高い>日本人選手獲得に乗り出した。

 そこで04年のフランス1部ルマンを皮切りにロシア、ブルガリア、ポーランドで計8クラブを渡り歩いた松井に白羽の矢が立った格好だ。松井以外の<元代表級>日本人選手との移籍交渉を進めているとの情報もある。

■フランス語はペラペラ

「松井にとってベトナムが<かつてフランスの植民地だった>という面も移籍を大きくプッシュした」とはある放送関係者。こう続ける。

「松井の仏語はネーティブの人に<ずっとフランス暮らしですか?>と聞かれるレベルにあり、英語でのコミュニケーションも難なくこなす。唯一の例外が、17~18年のポーランド・オドラオポーレ時代。チームのスタッフ、選手にフランス語や英語を話せる人が一人もおらず、松井はスマートフォンの翻訳アプリでコミュニケーションを取るのが精いっぱい。旧サイゴンのホーチミンなどは建物、食事などフランス文化が色濃く残り、誰でも仏語が話せるわけではないが、松井の持っている<フランスでの経験値>は、間違いなくプラスに働く。初めて東南アジアでプレーするに当たり、今回の選択はベストと言っていいでしょう」

 松井は来週中にベトナムに赴き、デビュー戦は来年1月16日だ。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です