新谷仁美が圧巻の陸上女子1万m日本記録更新 東京五輪メダルへ「猛暑」が追い風に(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

圧巻の「一人旅」だった。

 東京五輪の代表選考会を兼ねた日本陸上選手権(大阪)長距離種目は、すでに参加標準記録を突破している女子5000メートルの田中希実(21)と同1万メートルの新谷仁美(32)の2人が優勝。五輪切符を手にした。

 女子5000メートルは戦前の予想通り、田中、広中璃梨佳(20)の一騎打ち。田中が広中をピッタリとマークする形でラスト1周を迎えると、田中が最後の直線であっさり抜き去りゴール。記録は15分5秒65だった。

 直後に行われた1万メートルは「新谷劇場」だった。2000メートル手前から先頭に立ち、マラソン代表の一山麻緒(23)が新谷を追走。2人は3位以下を大きく引き離す。3600メートル以後は一山が徐々に遅れだし、新谷の独走。1周71~74秒のハイペースで出場21人中19人が周回遅れとなる前代未聞のレースは18年以上も破られなかった日本記録(30分48秒89=2002年渋井陽子)を新谷が大幅に更新。2位の一山に1分近い大差をつける30分20秒44でフィニッシュした。

 レース直後の新谷はこう言った。

「たくさんの応援により、久しぶりに最後まで気持ちよく走れました。結果へのこだわりは強いものがある。長距離トラックは世界との差が大きく難しいと考えられているが、日本選手も今の時代、進化している。新しいスタート台に立てた」

 ぶっちぎりの走りで国内の頂点に立った新谷だが、自身が語るように世界の壁は厚い。昨年の世界陸上(ドーハ)に同種目で出場。11位(31分12秒99)と惨敗した。金メダルはS・ハッサン(オランダ)の30分17秒62。銅はA・J・ティロップ(ケニア)の30分25秒20。この日の新谷ならメダルを狙えそうだが、昨年の世陸は猛暑でペースが遅かった。ちなみに16年リオ五輪の金はA・アヤナ(エチオピア)の29分17秒45(世界新)。4位の選手でも30分を切っていた。

 五輪や世界陸上は、激しいペースの上げ下げや選手間の駆け引き、レース中にはひじ打ちや蹴飛ばされることも珍しくない。実際に経験している新谷はそんなことは百も承知だ。

 幸い(?)真夏の東京は湿度が高く、アフリカ勢も嫌がる殺人的な酷暑だ。

「プロですからメダルを取らなければ意味がない」という新谷。暑い東京で30分台前半の戦いになればおもしろいのだが……。

 男子1万メートルは、実業団ルーキーの相沢晃(23)が27分18秒75の日本新記録で初優勝。東京五輪の参加標準記録(27分28秒00)を突破してのVで東京五輪代表を決めた。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です