小斉平優和が日本シリーズで首位タイに “黄金世代”が暴く国内ツアーの実力(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】第2日

 今年、米下部ツアーに挑戦した小斉平優和(22)が、大会2日目のベストスコア64で回り通算8アンダーとし、C・キム(30)と首位に並んだ。

 1998年生まれの小斉平は渋野日向子、原英莉花と同じ黄金世代。昨年12月の米ツアーQTに挑戦して30位に入り、今年はコーン・フェリーツアー18試合に出場したものの、米下部ツアーといってもレベルは高く、予選通過は6試合だけでトップ10はゼロ。賞金ランクも156位(約231万円)と苦戦を強いられた。

 ところが帰国後は、「フジサンケイ」9位、「三井住友VISA」10位と3試合でトップ10が2回。獲得賞金680万3000円(ランク23位)と効率よく稼いでいる。

「問題なのはワールドランクへの配分ポイントでしょう。PGAツアーはかねて日本男子ツアーのポイントはコーン・フェリーより高く、おかしいと主張しています。日本ツアーからポイントを奪い取るには小斉平の活躍が好材料になる。PGAツアーの要求はますます強くなると思います」(米ツアー関係者)

 ちなみに米下部ツアーに勝っても、ほとんどの大会は14ポイントでしかない。それなのに今大会優勝者は16ポイント。

 選手の実力を考えれば高すぎるという指摘はもっともだ。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です