【映像】ドイツ世界遺産の街で車暴走 9カ月の幼児を含む4人死亡(AP通信)

出典元:AP通信

トーリア、ドイツ、12月2日(AP)― ドイツ南西部にある世界遺産の街トーリアで12月1日、51歳の男が運転するSUV(スポーツ多目的車)が歩行者天国を暴走し、生後9カ月の赤ん坊を含む4人が死亡、15人が重軽傷を負った。
 警察は運転していた男を現場で逮捕、犯行に使われたSUVを押収した。男はトーリア在住だが住所は不定で、友人から借りていたランド・ローバーで寝泊まりしていたという。さらに、男は事件前、法定許容量を超える量のアルコールを摂取していたと伝えられている。
 警察による事情聴取の後、男は精神疾患の疑いがあるため、精神科医による検査を受ける予定だという。 
 負傷した15人のうち9人は重傷で、そのうちの4人は重体といわれている。死亡した赤ん坊の母親は命を取り留め、病院で治療を受けている。
 事件が起きたのは、フランクフルトから200キロ西に位置する、ラインラント・プファルツ州にあるローマ時代の遺跡が点在するドイツ最古の都市で、カール・マルクス生誕の地として知られている。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です