66年初来日の滞在ホテルで加山雄三とスキヤキパーティーを【ビートルズの食生活から学ぶ健康】(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【ビートルズの食生活から学ぶ健康】#7

 今から54年前の1966年、6月29日未明にビートルズは来日しました。彼らの宿泊先は、東京ヒルトンホテル(現・ザ・キャピトル東急ホテル)で、7月2日まで滞在していますが、その間、彼らはどのような食事をしていたのでしょうか。

「ビートルズ大学」(宮永正隆著、アスペクト)に、その一部が記されているので、抜粋して紹介すると――。

 テーブル上にはヒレ肉(シャトーブリアン)が置かれ、ビートルズのいるプレジデントスイート(1005号室)で切り分けたとされています。

 テーブルにはステーキ用のソースとして、銀の瓶に入ったマッシュルームソースとベアルネーズソース(フランス風ステーキソース)が置かれています。シュリンプカクテル用にはカクテルソースとマヨネーズが置かれていたそうです。

 ご存じの方も多いでしょうが、来日当日の6月29日の夜、ビートルズの部屋を加山雄三が東芝レコードのビートルズ担当ディレクター、高嶋弘之らとともに訪れています。

 加山は発売したばかりの彼のアルバム「ハワイの休日」を持参、メンバーに渡したところ、彼らはすぐに持ち込んでいたレコードプレーヤーで聴いたそうです。

 当時のイギリスでは、「ハワイの休日」に収録されている「お嫁においで」「白い浜」「君の瞳の蒼空」といったリゾートタイプの曲は珍しく、このサウンドの意外性に少し驚いたのではないでしょうか。加山は著書「若大将の履歴書」(日本経済新聞出版)の中で、ポールが「日本の曲っぽくないね」と話していた、と記しています。ビートルズの部屋には日本の民謡レコードが置かれていたそうなので、彼らの耳にはそれらとは違って聞こえたのでしょう。

 その夜、加山はビートルズと一緒にスキヤキを食べながら歓談します。ジョンは箸の使い方を知っていて、「床にこうして座って食べるのが正式だろ」と、テーブルから首だけ出して食べようとしたそうです。このときジョージはすでに菜食主義の洗礼を受けていたので、肉類はあまり口にしなかったかもしれませんが、詳細は不明です。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です