渋野日向子のお菓子手渡し問題「嫌ならやめてと言えばいい」論の危うさ(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

モグモグタイムなどグリーン上の笑顔に多くの人がひきつけられているプロゴルファー・渋野日向子選手。先日プレー中にテレビ局の撮影スタッフがお菓子を手渡していることが発覚し、大きな問題となった。そのときに飛び出したしぶこバッシングに、ジャーナリストの島沢優子さんはいじめ問題に通じる危うさを感じたという。
それはどういうことなのか。小児科医の取材も含めて検証する。

【写真】2019年の夏、多くの人を魅了したしぶこの「モグモグタイム」

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です