海外で“日本ロス消費” 和の味やアニメ、外国人が越境ECでお取り寄せ(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

20 昨年、過去最多の3188万人超が訪れたインバウンド(訪日外国人客)がコロナ禍で消えた。でも、つながりまで消えたわけではない。来日したくてもできない外国人が、日本の食やグッズを取り寄せて楽しむ“日本ロス消費”が生まれている。そんな新需要に多言語対応や海外配送を代行する「越境EC(電子商取引)」を活用、海を越えた“日本びいき”にリーチする企業や自治体が増えている。(重松明子)

【写真】「エヴァンゲリオンストア」の多彩なグッズ

 《She’s my forever(彼女=アスカ=は私の永遠)》

 日本を代表するアニメ「エヴァンゲリオン」に、海外から熱いメッセージが届く「エヴァンゲリオンストア」のECサイトには、登場キャラクターへの“愛”をつづった海外のファンからの熱烈なツイートが寄せられている。

 展開するグラウンドワークス(東京都杉並区)では、越境ECの注文件数がコロナ前の2・3倍に伸びている(今年5~11月と前年同時期を比較)。

 東京・池袋など日本国内にある実店舗はコロナ以前、インバウンドでにぎわい、昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)期間中などは、売り上げの過半数を外国人がたたき出した。

 「それがコロナ禍でゼロになったのは大きな痛手。しかし、世界的な『ステイホーム』により過去のアニメ配信を見た方など、新たなファンも獲得でき、越境EC利用につながった」と販売統括の神村典子さん(58)。

 「エヴァ」は今年で25周年だが、海外顧客の約半数を30代が占め、次が20代と若い。男女比は3:1。香港では文具、米国ではフィギュアのほかTシャツなどの衣類が良く売れるという。人気キャラクター「綾波レイ」の50万円以上もするフィギュアを購入したスペインの男性もいたそうだ。

 「日本のモノづくりに対する信頼感。正式許諾品のみ扱う公式ストアであることが、海外からも支持されている」と広報担当の神村綾子さん(34)。常時5000点以上を扱い新商品や限定品が次々と入れ替わる。延期されていた最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」日本公開が来年1月23日に決まり、海外ファンとの交流拡充のため、11月末には英語でのツイッターと、中国語でのウェイボー(微博)発信も始めた。

 同店が利用する越境EC「Buyee」を展開するBEENOSグループが取り扱った、日本発・海外向けの年間流通総額は、今年度9月期決算で前年度の200億円から1・2倍超の245億円になった。

 「インバウンド需要が越境ECに移行。“日本ロス消費”が生まれ、世界に商品を売るチャンスが拡大している」と語るのは、同グループの直井聖太CEO(39)だ。世界の需要を分析し、日本の商品の海外進出をサポート。多言語ユーザーからの問い合わせに対応し、グローバル配送を代行。独自の検品・配送補償を提供している。

 完熟リンゴの加工品、純米大吟醸、焼ホタテ…。青森県は12月1日、Buyee公式サイトに台湾向け「青森特集ページ」を開設した。県内17社が参加し名産品を売り込んでいる。

 昨年、青森県を訪れたインバウンドのうち、台湾からが4割近くを占めてダントツ1位。特産品のリンゴの最大の輸出先だ。県観光国際戦略局の秋田佳紀局長は「観光と物産は一体。サクラや紅葉に雪景色。春夏秋冬訪れて下さり、目も舌も肥えた“一番のお得意さま”である台湾の方々に、越境ECを通じて引き続き、青森の魅力を届けたい」と語る。

 県内企業のコロナ対策支援事業として3月末まで実施し、割引クーポン券発行費用などを県が負担する。特設ページでは「享受四季的自然風情(四季折々の自然な雰囲気をお楽しみください)」「絶景的寶庫(絶景の宝庫)」とのタイトルで、台湾人が好む弘前のサクラや白神山地などの写真も載せている。

 メルシャンでは、日本ワイン「シャトー・メルシャン」の英国への輸出額が今年(1~11月)前年同期比136%と好調だ。日本固有の甲州種が人気を牽引(けんいん)している。

 コロナ前も日本のワイナリーを訪れる外国人は多かったが、7月に英国で行われた「世界で最も優れているブドウ畑(ワールド・ベスト・ヴィンヤード)50選」に、同社の畑「椀子(まりこ)ヴィンヤード」(長野県上田市)が30位でアジア初選出された快挙も見逃せない。シャトー・メルシャンのインスタグラムも、フォロワーの8%が外国人だ。

 アサヒグループホールディングスでは、7月から英国で「夜の東京をイメージ」したスーパードライのプロモーションを開始。家庭用の伸びが業務用の落ち込みをカバーしているという。

 日本の物産を好きでいてくれる人が世界中にいる。来年開催される見込みの東京五輪とコロナ収束後のインバウンドを見据えて、日本が好まれる理由である誠実さや清潔さ、おもてなしの心も磨いてゆかねば…。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です