全世界120カ国が30~40年後までに温室効果ガス排出の実質ゼロを宣言 コモディティーのグリーンサイクル(週刊東洋経済)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:週刊東洋経済

<2020年11月14日号> 世界が続々脱炭素に動き始めている。菅政権も2050年までに温室効果ガス実質ゼロを宣言した。G7(主要7カ国)の中でビリから2番目と少々気まずいが、評価すべきだ。中国も10月末の5中全会(第19期中央委員会第5回全体会議)で60年までに炭素中立経済を実現する方針を発表。これで120カ国(全世界の6割に相当)が今から30~40年後までに温室効果ガス排出の実質ゼロを宣言したことになる。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です