「風俗ビル」丸ごと一掃 違法な業者を摘発させたスケルトン対策とは(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

違法な性風俗店が各フロアに並び、「風俗ビル」と呼ばれていた大阪府枚方市の「ジャンボ枚方ビル」。昨秋から1年かけて大阪府警が風営法違反容疑で順次店舗を摘発し、一掃することに成功した。さらに11月にはビルのオーナーの男を同法違反幇助(ほうじょ)の疑いで送検。徹底した取り組みは、摘発しても違法な業者が再入居する“いたちごっこ”を防ぐ狙いがあった。(木下未希)

【写真】風俗店が摘発される前のジャンボ枚方ビル

■風俗ビルを一掃

 昨年11月下旬、けばけばしい性風俗店の看板が並ぶ9階建てのジャンボ枚方ビルに捜査員が一斉に踏み込んだ。

 ビルは京阪枚方市駅からすぐ近くの、性風俗店の営業が禁止されている病院敷地から200メートルの区域内に建つ。府警は2日間にわたり、入居する違法な性風俗店計9店舗に立ち入りを実施。その後、今年11月までに全店舗を摘発し、撤退させた。

 また、同月には違法営業と知りながらビルの一室を貸したとして、風営法違反幇助容疑でビルのオーナーの大阪府交野市の男(61)を書類送検した。府警によると、性風俗店が入るビルを丸ごと一斉検挙したり、オーナーを摘発したりするのは極めて珍しいという。

 ビルは昭和48年に男の義父が購入。「当初はカラオケ店や飲食店が入る健全なビルだった」。ある枚方市職員はこう振り返る。

 だがいつからか、性風俗店が入居し始め、平成25年に男が引き継いだときにはすでに現在のような状態だった。オーナーの男は府警の調べに対し、「ビルにはもはや健全な飲食店は入りたがらない。違法な店とは知っていたが、収入を得るために契約を解除できなかった」と釈明。摘発後、自主的にビル内の性風俗店の内装を撤去した。

■摘発と出店のいたちごっこ

 違法な性風俗店がビルに1店舗でも入ると、健全な店が自主的に退去してしまう-。こうした事態はジャンボ枚方ビルにとどまらない。

 性風俗店が退去したとしても、ベッドや間仕切りなど内装設備をそのままにするケースが多く、処分に困ったビルのオーナーが黙認した状態で別の店舗型違法性風俗店に貸してしまう。摘発しても別の業者が入店するケースが後を絶たないことから、府警と違法業者とのいたちごっこが続いていた。

 そこで府警は27年から、こうした再入居の流れを防ぐ対策の強化を始めた。ビル内の性風俗店を一斉摘発するのみならず、ビルのオーナーに対して違法な営業を行う風俗店に対する契約解除条項の規定などを指導し、摘発後は内装設備の撤去なども呼びかけるというもの。ビルを骨組みだけにする、その名も「スケルトン対策」だ。

 ジャンボ枚方ビルのほかに、昨年には違法なわいせつDVDの販売店が入った大阪市中央区にあるテナントビルを一掃している。

■まちづくり再始動

 対策は功を奏し、ジャンボ枚方ビルは性風俗店の看板が全て撤去されるなど大きく様変わりした。枚方市駅周辺の再開発事業に着手していた枚方市の担当者は「ビルの前は若者や高齢者まで多くの人が通る道だったこともあり、クレームも寄せられていた」と明かした上で、「客引きもなくなり、安心安全なまちづくりに向けて改めてスタートが切れる」と喜ぶ。

 一方、府警生活安全特別捜査隊は「オーナー側が施設や資金を提供していると犯罪の共犯とみなされ、取り締まりの対象になる。違法性風俗店には店舗を貸さないようにしてほしい」と呼びかけている。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です