JR、大阪で新幹線の運行管理 大規模災害を想定(共同通信)

出典元:共同通信

JR東海、西日本、九州の3社は5日、東海道・山陽新幹線の運行を集中管理する東京の総合指令所が大規模災害で使えなくなった事態を想定し、大阪市内にある第2総合指令所で運行を管理した。

 同指令所は阪神大震災を機に、東京のバックアップ施設として1999年に開設された。この日は3社の職員約150人が集まり、始発から最終まで列車を制御。列車からの連絡に対応したり、列車の位置が示されたモニターを見て運行に遅れがないか確認したりした。

 JR東海の増田道義輸送指令長は「災害はいつ起こるか分からない。即応体制をつくっており、お客さまには安心して乗車してほしい」と話した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です