【映像】J・ブリッジス氏が血液がん 予後は良好とSNSで明らかに(AP通信)

出典元:AP通信

ハリウッド、カリフォルニア州、10月20日(AP)― 米のアカデミー賞受賞俳優ジェフ・ブリッジス氏(70)が、悪性リンパ腫の治療を受けており、予後は良好であることを明らかにした。
 ブリッジス氏は10月19日、ソーシャルメディアで声明を発表、治療の事実を公表した。
 声明の中で、同氏は「病気が深刻であることを理解している」とし、家族や友人、さらに医療チームに感謝の意を表した。また、ファンには「病状について投稿し続けることを約束する」と述べた。
 同氏は、『ラスト・ショー』や『トゥルー・グリット』など7つの作品でアカデミー賞にノミネートされ、2010年には『クレイジー・ハート』で主演男優賞を受賞している。最近では、2017年に『最後の追跡』で助演男優賞にノミネートされた。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です