JR東日本、2643億円の赤字 9月中間、鉄道以外も収入激減(共同通信)

出典元:共同通信

JR東日本が28日発表した2020年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比48.2%減の7872億円、純損益は2643億円の赤字(前年同期は1885億円の黒字)となった。新型コロナウイルス感染拡大により、鉄道以外の事業も大幅に収入が落ち込んだ。

 JR東によると、新幹線や在来線特急の乗客数は5月に前年同月比11%と底を打ったが、7~9月も30%台と低迷している。

 21年3月期連結業績は、純損益が4180億円の赤字(前期は1984億円の黒字)との予想を据え置いた。通期での赤字は1987年の民営化以降で初となる。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です