鶴竜、11月場所へ慎重判断 2連続休場中の横綱(共同通信)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:共同通信

大相撲で腰痛などを理由に2場所連続休場中の横綱鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、11月場所(11月8日初日・両国国技館)の出場可否を慎重に判断する意向を示した。「相撲を取ってみてだと思う。いつもやっていることができるかどうか」と鍵を挙げた。

 27日は東京都墨田区の陸奥部屋で、四股などの基本運動やぶつかり稽古で胸を出して調整した。近日中に相撲を取る稽古を再開する方針だという。状態について「いい感じと思うけど。これから相撲を取ってきたら、どうなるか見てみたいなと思う」と説明した。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です