劇場版『鬼滅の刃』が興収100億円超え!でも映画館の経営がヤバい理由(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

今年最大のヒットであるだけでなく、映画界の特異点としてその名を歴史に刻む事態になっている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。前代未聞の興行の勢いは2週目も衰えることがなく、公開10日目にして早くも興収107.5億円(動員798.3万人)を突破し、最終的には200億円超えが確実視されるようになってきた。

【写真】『鬼滅の刃』“全集中”放送への批判が的外れだといえる理由

 本作がコロナ禍のシネコンを救うメガヒットになっていることは間違いないが、それでも未曾有の危機に襲われている今年の厳しさは変わらない。苦境にあえぐシネコンの現状と本作の影響を考えてみる。

 コロナ禍の鬱屈とした映画界だけでなく、徐々に活気を取り戻そうとしている日本社会全体を明るく元気づける歴史的ヒットとなった『劇場版「鬼滅の刃」』。公開初週の3日間で興収46億円(動員342万人)という空前の「初週興収歴代1位」という記録をたたき出すと、公開10日目には史上最速で100億円を突破した。

 もともとの作品の魅力に加えてさまざまな要素が噛み合って、平時では起こり得ない、スケールの異なる爆発的な初動となった本作だが、イベントムービー化した作品の興行では、ケタ違いの初週をピークにそこからすぐにトーンダウンしていくケースが多々ある。しかし、本作においては、2週目で初週からの落ちがほとんどなく(前週末興収対比90.7%)、従来のパターンとはまったく異なる様相を呈している。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は破竹の勢いを見せる本作の興行について「歴史的なスタートには当然驚いたが、2週目までその勢いが続くことのほうが歴史的な意味合いはより強いのではないか。話題性だけのイベントムービー的な一過性の興行ではない証であり、作品力がずぬけていることがわかる。

 今後の見通しとしては、動員では近いうちに1000万人を突破するだろう。その時点で、興収では140億円あたり。そのさきは未踏の領域であり、いきなりトーンダウンしなければ、200億円を超えて250億円あたりも視野に入ってくるだろう」と分析する。

 その背景のひとつには、WEBニュースをはじめ、記録的ヒットを報じるメディアの記事数が尋常ではないことと、近年でも稀に見る盛り上がりとなっているSNSを介した情報拡散の相乗効果がある。その訴求力が漫画やアニメファン層の壁を超えて新たな領域に及び、ふだんアニメや映画とは無縁な層をも動かしているようだ。この先、「100億円最速突破」という話題性から、さらにその勢いを増すことも予想される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です