【小説】第二次大戦、「陸軍登戸研究所」ではこんな秘密兵器が作られていた…!(現代ビジネス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:現代ビジネス

地球惑星科学を専攻し、東京大学大学院博士課程を修了した異色の経歴を持つ小説家・伊与原新さん。最新作『八月の銀の雪』は、天文、気象、生物などがテーマに、科学のエッセンスが登場人物の傷ついた心を優しく包み込む物語です。本書収録の気象をテーマにした1編「十万年の西風」を5日連続掲載で公開します。

「明日朝、地震アル」と

———-
前回はこちら → 【小説】日付を変えろ…「原子炉の配管の歪み」隠ぺいを迫る上司の驚きの一言
———-

 【前回のあらすじ】

 海を眺めながら滝口と話していた辰朗は、勤めていた原発の保守・点検会社を退職したときのことを思い出していた。

 退職のきっかけは、地震によって発生した配管の歪みを隠ぺいする「報告書の調整」に、加担させられそうになったことだった。内部告発も考えた辰朗だったが、同僚や部下、その家族の顔が頭をよぎった末、黙って退職願を出すことを選ぶ。

 人間はどうして空とか風とか、のどかで平和なことだけに好奇心をむけていられないのかと辰朗が漏らすと、「風も、平和に使われるとは限らない」と滝口は語り始めた。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です