「健康に無関心」が3~4割 習慣改善、面倒との回答も(共同通信)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:共同通信

食習慣・運動習慣について改善への関心やその意向がない人は、20歳以上の男女の3~4割に上ることが27日、厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。仕事や家事などで忙しいとの理由が多かったが「面倒くさい」との回答も目立った。

 厚労省によると、食習慣と運動習慣の改善に関する質問で、(1)「関心がない」(2)「関心はあるが改善するつもりはない」と答えた人を広義の健康無関心層と捉え、対策を検討するという。

 食習慣の定着の妨げになる点を複数回答で尋ねると、「特にない」が35%で最多。運動習慣では「仕事(家事・育児など)が忙しくて時間がない」が38%で最多となった。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です