新曲が4日間で1億再生「美ヒップ見えすぎ衣装」で話題の韓国美女集団「ママム」の凄さ(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

音楽・ルックス・実力全てを兼ね揃え、若者からの絶大な支持を受けている韓国の4人組ガールズグループ「MAMAMOO(ママム)」。2014年「Mr.曖昧模糊」で正式デビュー以来、新曲はすべてヒット、韓国最高の勢いを持つガールズグループとして知られている。

【もっと写真を見る】これはスゴい…ママムのセクシーパフォーマンス

 そんな彼女たちが、11月3日にミニアルバム「Travel」をリリースすることが発表された。アルバムリリースに先立ち10月20日に収録曲「Dingga」を先行公開したところ、わずか4日間で1億再生を突破。24日現在では1億1751万78回再生という驚きの数字をたたき出している。

 「Dingga」は新型コロナウイルスの影響で「遊びたい」という気持ちが抑えられている今を表現。暗くならずに、明るく生きようというメッセージが若者たちに支持されているようだ。

 ママムの新曲リリースで毎回話題になるのは、その過激なパフォーマンスだ。エネルギッシュな歌とダンスで聴衆を魅了してきたママムだが、過激すぎる振り付けや衣装が問題視されることもしばしば。過去には、ボディラインが「透け透け」の白いシースルー衣装や、ヒップが半分以上あらわになったボディコンスーツでライブに登場し、「やり過ぎでは」と議論を起こしたこともある。

 「Dingga」では、三角ビキニや太ももをあらわにしたロングブーツ姿など多彩な衣装で登場。性行為を彷彿とさせるような腰を振る煽情的な振り付けを披露している。

 またもや賛否両論を呼ぶパフォーマンスではあるが、彼女たちのぶれないスタイルを貫く姿勢こそが、世界中のリスナーを熱狂させているゆえんだろう。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です