君ならどうする? 戦場で究極の決断を迫られた零戦隊長の決断とは?(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

いまからちょうど78年前の昭和17(1942)年10月26日、日米の機動部隊が激突した「南太平洋海戦」。日本海軍機動部隊が米機動部隊と互角以上にわたり合ったこの海戦で、究極の決断を迫られた若き指揮官がいる。
空母「瑞鳳」戦闘機分隊長・日高盛康大尉(当時25歳)。零戦9機を率いて出撃した日高大尉は、味方攻撃隊を護衛して敵艦隊に向かう途中、味方艦隊を攻撃に向かう敵機編隊と遭遇したのだ。これを見逃せば、味方艦隊は攻撃を受け、約4ヵ月半前のミッドウェー海戦の二の舞になるかもしれない。しかし、味方攻撃隊から離れてしまうと、護衛が手薄になって、攻撃機が敵戦闘機の餌食になりかねない。そこでとった日高大尉の行動、そして、生涯背負い続けた「指揮官の責任」とは――。

南太平洋海戦で究極の選択を迫られた日高中尉をめぐるアルバムはこちら

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です