G7の牽制は中国のデジタル中央銀行通貨発行計画が対象 先進国が警戒するデジタル人民元構想(週刊東洋経済)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:週刊東洋経済

<2020年10月31日号> 10月13日にリモート方式で開かれたG7(主要7カ国)財務相・中央銀行総裁会議は、世界で広く利用される「グローバル・ステーブルコイン」などを、「法律・規制・監督上の要件に十分対応するまではサービスを開始すべきではない」と強く牽制した。ただし、これは従来のG7、G20の主張を繰り返したものにすぎない。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です