競輪選手のセカンドキャリア支援 埼玉(産経新聞)

出典元:産経新聞

日本競輪選手会埼玉支部と埼玉県雇用対策協議会は23日、競輪選手の現役引退後のセカンドキャリア支援のための協定を締結した。企業への就職や職場への定着を支え、競輪の競技人口拡大と事業振興にもつなげる考えだ。

 同協議会は会員企業2400社を擁する。協定により、選手会から得た就職を希望する選手の情報を会員企業に提供することを想定している。また、現役選手向けに職場見学の場を提供することなども予定している。

 選手会支部の白岩大助支部長は23日に埼玉県庁で臨んだ調印式で「競輪選手の就職先は、プロ野球などと異なり選択肢が限られている。選手と企業がうまくつながることを望む」と話した。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です