『ウイルスの世紀 なぜ繰り返し出現するのか』ほか 『「社会人教授」の大学論』(週刊東洋経済)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:週刊東洋経済

<2020年10月31日号> 今どきの大学を鮮やかに分析 実務家ならではの改革案も
評者/甲南女子大学教授 林 雅彦
評者も「社会人教授」(=実務家教員)である。実務の世界から大学というワンダーランドに足を踏み入れ、そこで体験したあれこれを面白く書いているに違いないと手に取ったが、そういう下衆(げす)な期待は見事に裏切られた。本書はきわめてわかりやすい「今どきの大学」論である。

今どきの大学についてある程度知っている大学関係者(企業の人事担当者なども入ろう)以外の「大学論」の読者は誰か?  子供の大学受験を控えた保護者たちだ。大学卒業以来20~30年ぶりに大学に目を向けることとなる。これは、実務の世界に20~30年身を置き、学生時代以来改めて大学という組織の内部に身を置き、大学を眺める実務家教員(=著者)と同じである。だからこそ、そういう層は抵抗なく、かつ興味を持って読み進めることができよう。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です