【映像】中国ワクチン製造工程を公開 米国内販売を狙うシノバック(AP通信)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:AP通信

北京、中国、9月25日(AP)― 国際的なワクチン開発競争が激化するなか、中国の製薬会社「シノバック・バイオテック」(科興控股生物技術)は、2021年中に米国をはじめとるする世界各国に、新型コロナウイルスのワクチンを供給する用意があることを明らかにした。
 同社の尹衛東・最高経営責任者(CEO)は9月24日、北京で海外メディアの取材に応じ、最終段階の3回目治験の結果次第で、米食品薬品局(FDA)に同国内での「コロナ・バック」の販売承認を申請すると述べた。
 コロナ・バックはブラジルとトルコ、インドネシアでこれまでに2万4000人に投与されており、バングラデシュとチリも治験に参加する予定といわれている。
 その一方で、米国、EU(欧州連合)、日本、オーストラリアでは厳格な規制により、歴史的に中国製のワクチン販売は許可されていない。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です