江戸城「最後の天守」 29日から皇居・東御苑で一般公開(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

江戸初期の寛永15(1638)年に建設された江戸城最後の天守を再現した模型が完成し、宮内庁が28日、報道陣に公開した。原寸の30分の1の大きさで皇居・東御苑(ぎょえん)に設置され、29日から一般公開される。

 模型は縦約1・6メートル、横約1・5メートルで、台座を除いた石垣と建物は高さ約2メートル。他の施設で展示されている同様の模型と比べても最大級という。展示用の建物も新たに整備し、模型と合わせた経費は計約1億円。昨年9月に完成し、今春に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた。

 江戸城の天守は江戸時代に3度建設された。3代目となった寛永期の天守は、明暦3(1657)年の「明暦の大火」で焼失。街の復興が優先され、東御苑に現存する天守台は造られたが、天守が再建されることはなかった。

 宮内庁によると、当時の江戸城を描いた絵図や専門家の意見を基に復元。細部は現存する江戸城の門などを参考にした。金のしゃちほこや飾り金具には3Dプリンターを活用した。宮内庁の担当者は「かなり精巧なものができた。江戸時代の皇居をイメージしてもらえれば」と話した。

【広告】

競馬投資ソフト

商品名

「毎日が給料日!?

完全自動競馬投資ソフト 

合成オッズ地方競馬版!パートⅡ

安心楽々無期限無制限サポート付き!」

初心者から上級者まで幅広く、

競馬好き嫌い関係なく、

投資、ビジネスとして、ボタン一つで簡単に

投資感覚で投票できるソフトです。

詳しくはこちらをクリック⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です