新入幕翔猿の優勝争う快進撃 13力士の休場が台無しにする(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

新入幕の翔猿(28)が13日目に隆の勝を下し、2敗をキープ。11勝は正代と並んでトップタイの成績だ。

 新入幕Vなら106年ぶりの大記録。歴史的快挙への期待は高まるものの、一方で肝心の土俵は故障者だらけで目も当てられない。13日目は照ノ富士、千代大龍が休場。初日から白鵬、鶴竜ら6人が休場を発表すると、3日目に琴奨菊、5日目は旭大星と、くしの歯が抜けるように次々と力士が休場していった。琴奨菊ら3人は再出場しているものの、今場所の休場力士は計13人。これは過去4番目に多い人数だ。

 歴代最多は2002年7月場所の16人。休んでも番付が下がらない公傷制度が残っていた時代で、悪用する力士が続出し、後の制度撤廃につながった。

 2010年7月場所も14人が休場したが、これは当時世間を騒がせた野球賭博に関わって謹慎処分を下された力士が大半だった。純粋なケガ人という意味では、今場所を超えるものではない。

 もちろん、翔猿の快進撃にケチをつける気はないが、もし白鵬が出場していたら勝てただろうか? などと考えてしまうのは人情というもの。

 ケガ人が多いのはコロナ禍による稽古不足の影響が大きいという。しかし、無理な体重増加で、しなくてもいいケガをするケースが増えてきたのも事実だ。

 後々、「翔猿があの場所で優勝できたのは、横綱もいないし休場者だらけだったから」なんて言われたら、それこそ報われない。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です