五輪聖火リレー、来年3月25日「Jヴィレッジ」スタート(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、新型コロナウイルスの影響で延期された聖火リレーの新たな実施概要を発表した。五輪・パラとも大会に合わせて日程を1日前倒ししたほかは、従来計画を原則維持。五輪の聖火リレーは来年3月25日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタートする。

 五輪聖火リレーは全47都道府県の859市区町村を開会式当日の7月23日まで121日間かけて回る。決定済みのランナー約1万人は優先的に走ることができ、各自治体の走行ルートやイベント会場なども変更しない方向だが、各地の事情やコロナの感染状況などに応じ今後調整もあり得るとしている。

 組織委はコスト削減などを目的に聖火リレーの簡素化も検討。自治体などに配慮し日程短縮は見送ったが、隊列の車両やスタッフ数の削減などで効率化を進める。

 パラ聖火リレーは五輪閉幕後の来年8月17日から開幕日の同24日までの8日間、競技会場のある東京、埼玉、千葉、静岡の4都県で実施。約1千人のランナー総数に変更はない。残る43道府県でもリレー前の同12~16日に採火式などを行う。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です