難病ALSの人気声優が実感した「身体が動かなくなる感覚」とは(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を検索すると「感覚があるままに体が動かなくなる病気」という説明が多いです、もう少し詳しい書き方を探すと「筋肉が動かなくなってしまう」という説明がなされています。ではこの感覚があるままに動かなくなるという状態はどんな感じなのか? 私の現在の状態までのお話をしたいと思います。そして、もしかしたら「ALSを含めた難病の可能性」を疑っている方の参考になればとも思います。

【写真】わずか1年前この広い舞台で走り回っていた…津久井さんALS前後の「変化」

———-
ニャンちゅうの声でお馴染み津久井教生さんによる連載「ALSと生きる」。2019年3月に異変を感じ、半年もの検査を経て、9月にALSに罹患していることがわかった津久井さん。現在は声は出るものの、下半身の動きが困難となり、要介護4になったこともブログで明らかにしています。

その闘病について率直につづっている本連載、今回は2019年9月、検査入院中に腫瘍がみつかり、その手術を終えてからのことを伝えていただきます。腫瘍があることでALSの治療も障害があるかもしれないと言われていましたが、無事に手術により腫瘍切除に成功しました。よし、ALSに挑もうと退院に向かう中、実感としてALSの特徴的な症状を感じることになったのです。
———-

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です