発売から30年超「桃太郎電鉄」が伝説の地と初コラボ(産経新聞)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:産経新聞

桃太郎伝説が残り、「桃太郎の町」として観光振興を行っている岡山市が、人気ゲーム「桃太郎電鉄」シリーズとの連携企画に取り組むことになった。“本場”とゲームの融合といえそうだが、意外にも連携は、「桃鉄」シリーズが発売されて30年あまりで初めてのこと。実は岡山市自身、町おこしに桃太郎を活用するようになったのは、案外最近のことなのだ。

【写真】JR岡山駅前の桃太郎像

 ■桃鉄専用サイトを開設

 桃鉄は、全国各地の鉄道駅をめぐりながら沿線物件を買い、資産を増やしていくすごろくスタイルのゲーム。昭和63年に第1作が登場し、シリーズを重ねており、11月には家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けに最新作「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」が発売される予定だ。

 桃鉄との連携について、岡山市の大森雅夫市長は8月25日の定例会見で「相乗効果が得られるような発信を行うことで、全国に向けて岡山市の認知度、好感度の向上が期待できるものと考えている」と述べた。

 企画は10月からで、専用サイト「桃太郎ランドからのナゾの招待状!の巻」を開設。ゲームでおなじみの「桃太郎社長」や「キングボンビー」といったキャラクターが進行役として登場し、岡山に伝わる桃太郎伝説のゆかりの地についてクイズを出題する。閲覧者はゲーム感覚で桃太郎伝説への理解を深められる仕掛けになっている。

 岡山市のプロモーション・MICE推進課によると、桃鉄との連携は過去に現場のアイデアとして浮上したことはあるが、そのたびに立ち消えに。だが今年2月、市が募集した桃太郎ゆかりの地をめぐる周遊企画に、桃鉄の発売元のコナミ(東京)が応募したことで、連携が実現した。

 同課の担当者は「コロナの収束後に『現地を実際に訪れてみたい』と思っていただける内容にしたい」と意気込む。

 ■日本遺産を抱える

 岡山に伝わる桃太郎伝説は、人々を苦しめた「温羅(うら)」と呼ばれる鬼を朝廷の命を受けた「吉備津彦命(きびつひこのみこと)」が退治した-というのが話の大枠。伝承は後におとぎ話の桃太郎の原型になったとされる。

 岡山市内には吉備津彦命をまつる「吉備津彦神社」や、温羅の首が埋められたと伝わる「吉備津神社」がある。北西の総社市には、温羅の拠点とされる山城「鬼ノ城(きのじょう)」がそびえ、吉備津神社と鬼ノ城の中間地点の岡山市・高塚地区には、吉備津彦命と温羅がそれぞれ放った矢が空中でぶつかり落下したという「矢喰宮(やぐいのみや)」が残る。

 これらの施設とともに、伝承は「『桃太郎伝説』の生まれたまちおかやま~古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語」として文化庁の「日本遺産」にも認定されている。また、岡山市では毎夏、温羅をまつり、人々が鬼の化粧を施して踊る市民総踊りイベント「うらじゃ」も行われている。

 ■「桃太郎に会えますか?」

 このように桃太郎と岡山のゆかりは多いが、実はうらじゃが始まったのは平成6年、日本遺産認定は30年。地元が本腰を入れて町おこしに桃太郎を活用するようになったのは、案外最近のことといえる。

 同課担当者は「観光客に『岡山のどこに行けば桃太郎に会えますか?』と問われ、困ることがある」と明かす。今のところ、JR岡山駅前に桃太郎の銅像があるほかは、分かりやすい施設はないのが実情だ。

 そんな状況を打開するきっかけとなるか。桃鉄との連携はそうした面からも注目されている。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です