個人情報持ち出しで平塚市が市議提訴 市議側は棄却求める(tvkニュース(テレビ神奈川))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:tvkニュース(テレビ神奈川)

平塚市の渡部亮市議会議員が個人情報を持ち出した問題で、平塚市が渡部市議に対し損害賠償を求めている裁判が横浜地裁小田原支部で始まり、市議側は訴えの棄却を求めました。

訴えなどによりますと、渡部市議は市の職員だったおととし、職場のパソコンから個人情報を含んだファイルを不正に持ち出したということです。 渡部市議は、一部の情報を持ち出したことは認めていますが、去年4月の市議会議員選挙で持ち出した個人情報を使ったことは否定しています。

市はことし3月、市民におわびの手紙を出すなどの経費がかかったとして、渡部市議におよそ220万円の損害賠償を求める訴えを横浜地裁小田原支部に起こしました。 25日に始まった裁判で渡部市議側は訴えの棄却を求めて争う姿勢を示しました。

弁護人によりますと、平塚市の訴えに対し、「選挙に利用しておらず不法行為には当たらない」などと主張する書面を提出したということです。 25日の法廷に渡部市議本人は姿を見せませんでした。

次回の裁判は来年1月に開かれる予定です。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です