まるで「国芳」?写真がバズリまくりの元保護猫「猫又」さんたちの正体(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

「熱海に、どうも“猫又”が住んでいるらしい」……。
猫又とは、日本各地の民話などに登場する怪談にという登場する猫の妖怪で、諸説色々あるが、尻尾がふたつに分かれているとも言われている。
そんな、猫又が現代に存在するのか!? 

【写真】22.2万いいねの「うなぎ犬」や「猫神社」…奇跡の「猫又写真」を連続でどうぞ!

SNSに写真があるというので、調べて見て驚いた。確かにいる! 猫とは思えないなんともいえない立ち姿にSNSの写真を二度見、いや四度見しまう。写真の多くは立っているとよりも踊っているようにも見える。その姿は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師の河鍋暁斎が描いた『猫又と狸』のポーズさながらの腰のひねりも利いている。

さらに、猫好きにファンが多い幕末の浮世絵師・歌川国芳が描いた『見立東海道五拾三次岡部 猫石 由来』で描かれる『猫又踊り』のような絶妙な足さばまで披露しているではないか! そして、歌舞伎の隈取を思わせるような個性的な顔立ち……。浮世絵からそのまま飛び出したように決めているこの猫たちは一体……!?

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です