【データで解説】半沢直樹の視聴率下落を「失速」と捉えるのはあまりに早計だ(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

シルバーウィーク中に放送された第9話で半沢直樹がまさかの土俵際まで追い込まれた。視聴率が24.6%と、前回より1ポイントも下落してしまったのだ(ビデオリサーチ調べ)。

【動画で解説】これぞ究極のサラリーマン社会…メガバンクの「就活事情」

 しかもドラマの内容としても、半沢はラストで中野渡頭取(北小路欣也)、大和田(香川照之)、進政党幹事長・箕部(柄本明)の3人が密談するホテルに突入したものの、なんと反対に箕部と大和田に土下座を強要されてしまう。

 筆者は第8話以降、視聴率の右肩上がりを予想していた。だが、どうやら想定外のハプニングに見舞われたようだ。視聴者の評価も高く、最終回に向けて白熱している「半沢直樹」。なぜ、第9話は視聴率が落ちてしまったのだろうか? 
 その理由を追ってみよう。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です