「ローリング・ストーン誌のベスト500」が改定…1位に選ばれたのは?(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド。

 ビートルズ中期の集大成であると同時に、一部のファンにとっては「あのアルバム」という印象がある作品かもしれない。「オールタイム・ベストで1位に選ばれているヤツだ」、と。

【写真】新たに「オールタイムベスト」にランクインしたアーティスト

 その『ローリング・ストーン』誌(以下、RS誌)が選ぶ、「オールタイム・ベスト500」(「500 Greatest Albums of All Time」)の最新バージョンが公表された。

 このオールタイム・ベストは2003年に発表されたあと、2012年に若干の変更があったものの、基本的には更新されなかった。新しいランキングベスト10は、すでに発表されている通り、以下の通りだ。

 1位 マーヴィン・ゲイ『Whats Going On』(Tamla/Motown, 1971年)
2位 ザ・ビーチ・ボーイズ『Pet Sounds』(Capitol, 1966年)
3位 ジョニ・ミッチェル『Blue』(Reprise, 1971年)
4位 スティーヴィー・ワンダー『Songs in the Key of Life』(Tamla/Motown, 1976年)
5位 ザ・ビートルズ 『Abbey Road』(Apple, 1969年)
6位 ニルヴァーナ『Nevermind』(Geffen, 1991年)
7位 フリートウッド・マック『Rumours』(Warner Bros., 1977年)
8位 プリンス&ザ・レヴォリューション『Purple Rain』(Warner Bros., 1984年)
9位 ボブ・ディラン『Blood on the Tracks』(Columbia, 1975年)
10位 ローリン・ヒル『The Miseducation of Lauryn Hill』(Ruffhouse/Columbia, 1998年)

———-
オールタイム・ベストにランクインしたアーティストの
最新画像はこちら
———-

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です