【映像】新たなクジラの群れが座礁 豪タスマニア島で380頭死亡(AP通信)

出典元:AP通信

ストラーン、オーストラリア、9月24日(AP)― 大量のゴンドウクジラが海岸に打ち上げられたオーストラリア南部のタスマニア島で9月23日、新たな群れが発見され、これまでに500頭近いクジラが座礁したことが判明した。そのうち380頭は既に死亡している。このような大量のクジラが浜に打ち上げられたのは、オーストラリアはもちろん、クジラの座礁が多いタスマニア島でも今回が初めてとなる。
 タスマニア島西海岸の1カ所の浜と2カ所の砂州に21日、推定270頭のゴンドウクジラが打ち上げられているのが発見された。
 生存しているクジラの救助が行われている最中の22日、最初の現場から10キロほど南で新たに200頭の群れが発見されたが、すべて死んでいた。この結果、死んだクジラの総数は2日間で380頭に達した。
 豪本土とタスマニア島の海岸にクジラが打ち上げられたことは、これまでにもあった。1996年には西オーストラリア州ダンズバラに、320頭のゴンドウクジラが打ち上げられた。タスマニア島で50頭以上のクジラが座礁したのは2009年以降、今回が初めて。
 隣のニュージーランドでは2017年、600頭のゴンドウクジラが座礁し、そのうち350頭が死亡した。
 なぜクジラが座礁するかについては諸説あるが、謎は解明されていない。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です