【映像】ガレキの下から生存反応か 大爆発から1カ月のベイルート(AP通信)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:AP通信

ベイルート、レバノン、9月4日(AP)― ほぼひと月前に大爆発が起きた中東レバノンの首都ベイルートで9月3日、崩壊した建物の下から脈動らしきパルス信号が感知され、生存者がいるのではないかという希望が膨らんでいる。
 市内でも爆発の被害が大きかったジュマイゼ通りで、捜索救助活動に当たっていたチリ隊の捜索犬が、ガレキの下に何かを感知したという。救助隊が音響探知機で信号源を探したところ、1分間に18回から19回のパルス信号が探知され、生存者がいるのではないかという期待から、捜索が急ピッチで進められている。
 ベイルートでは8月4日、3000トン近い硝酸アンモニウムが大爆発し、首都に大きな被害をもたらした。それから約ひと月の間、生存者がいる可能性は極めて小さいといえよう。
 この爆発で191人が死亡、6000人余りが負傷した。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です