WEC復帰のプジョー、TOTALと組んで「ルマン・ハイパーカー」の開発を開始(レスポンス)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:レスポンス

プジョーのモータースポーツ部門のプジョースポーツは、ルマン24時間耐久レース開催中の18日、TOTALとともにLMH=「ルマン・ハイパーカー」開発プロジェクトを開始した、と発表した。これで耐久レースの最上位カテゴリー「LMH」に挑戦する。

関連画像を見る

プジョースポーツは2019年12月に、ルマン24時間を含むWEC=世界耐久選手権への、2022年からの復帰を表明している(当初、ルマン24時間耐久レース2020で2位入賞したレベリオンと組んでいたが、レベリオンはモータースポーツからの撤退を決めた)。

LMHカテゴリーを選択した理由のひとつとしてジョースポーツは、空力規格の自由度が大きいことをあげる。デザイン部門との協力で、ブランドの美学を造形に反映することを意図している。

“ネオ・パフォーマンス”を標榜するアイコニックなデザインを身にまとった新型ハイブリッド・ハイパーカーは500kW(=680PS)のパワーで四輪を駆動することになる。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です