3週間のロックダウンが解除された西アフリカ・ガーナ 政府による水道代や電気代の3カ月無償化も(エキサイトニュース)

出典元:エキサイトニュース

脆弱な医療環境による新型コロナウイルスの感染拡大と影響が心配されているアフリカ。西アフリカのガーナでは、3月30日から首都アクラなどで3週間のロックダウンを実施。ロックダウンが解除された現在も、政府による慎重な対応が続いている。

ガーナの首都アクラはどのような状況なのか。現地企業Tachibana International Ghana Company Limitedの新規事業開発責任者を務める石本満生さんに、様子を聞いた。

取材/加藤亨延

エボラ予防対策の経験が新型コロナにも

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です