菅新内閣 拉致担当相は加藤官房長官 県内選出閣僚は(tvkニュース(テレビ神奈川))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:tvkニュース(テレビ神奈川)

総理大臣就任を受け、自民・公明両党連立による菅新内閣が発足します。要となる官房長官には、加藤・前厚生労働大臣が就きました。

加藤勝信新官房長官は、衆議院・岡山5区選出の当選6回で、前任の菅総理が兼任した、拉致問題担当大臣と沖縄基地負担軽減担当大臣の職も引き継ぎます。 この人事について、拉致被害者横田めぐみさんの帰国を待つ、母の早紀江さんは。

「さっき電話があったびっくりした『一生懸命がんばります』と言っていたので『よろしくお願いします』と言った官房長官は総理と一番話が全部分かりあっている方だと思う。 濃い感じの話ができていると思うのですぐに分かる方たちと思うところに望みを持っている。 (改めて伝えたいことは)早くしてくださいということだけ、私たちは前からそう言っている。 40何年もかかるなんて本当に考えられないこと。 せめて連絡がとれるような、お話くらいはできるとか、早くそれを実現してほしい」

また発足した菅内閣には、県内選出議員から3人が入閣しています。 神奈川15区の河野太郎前防衛大臣は、行政改革・規制改革担当大臣にポストが変わりました。 また、神奈川11区の小泉進次郎環境大臣はそのまま再任、3区の小此木八郎議員は、2017年にも就任した国家公安委員長などに就き、再入閣となりました。

この3人の入閣のほか、菅総理の側近として知られる5区選出の坂井学元総務副大臣が、官房副長官に新たに起用されています。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です