県弁護士会会長報酬で厚生年金逃れか 裁判始まる(tvkニュース(テレビ神奈川))

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:tvkニュース(テレビ神奈川)

県弁護士会の元会長が会長職として毎月受け取っていた報酬について、「顧問料」の名目で厚生年金に加入していないのは違法だとして、所属弁護士が県弁護士会を訴えた裁判が横浜地裁で始まり、弁護士会側は争う姿勢を示しました。

訴えなどによりますと、2018年度に県弁護士会の会長を務めた弁護士は、会から毎月30万円の報酬を受け取っていて、横浜中年金事務所から厚生年金の加入義務があると指摘されました。 指摘を受け元会長は、報酬を全額返納し厚生年金の加入を免れた一方で、弁護士会と元会長の間で2年間月15万円の顧問料で顧問契約を結んだということです。

県弁護士会所属の弁護士4人は、元会長の受け取り総額が報酬と顧問料で360万円と同額にもかかわらず、厚生年金を支払っていないことを「脱法行為」と指摘。 ことし6月、弁護士会の決定を無効とする訴えを横浜地裁に起こしました。

原告によりますと、16日に始まった裁判で県弁護士会側は書面で、「顧問契約は適法に手続きされたもので、会の自治に委ねられている範囲。 裁判所の司法審査の対象とすべきではない」と請求の棄却を求めたということです。 次回の裁判は11月に開かれる予定です。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です