高齢男性だらけの菅内閣と34歳女性首相が牽引するフィンランド内閣の「大きな差」(現代ビジネス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:現代ビジネス

9月16日に、菅内閣の顔ぶれが公表された。その前日、正式な発表に先立って、菅首相と自民党4役の会見があった。

【写真】22歳の彼が避妊をしてくれなかった…女子高校生のリアルな性の現状

 そのすぐ後から、自民党4役と並ぶ菅首相(71歳)の写真と、連立政権の党首3人と並ぶフィンランドのマリン首相(34歳)の写真がツイッターに流れて話題になった。日本の5人の高齢男性と、フィンランドの4人の若手女性による政治の差を視覚的に示すものだ。

 フィンランドの閣僚15人が並ぶ写真をのせ、大多数が女性であることを示すツイッターもあった。ただし、この2枚のフィンランド側の写真は、昨年12月にマリン内閣が発足した時のもので古い。また、どちらの写真も公式のものではなく、全員は写っていない。

 昨年12月フィンランドに発足したのは5つの党による連立内閣で、党首全員が女性だったが、ツイッターの写真では1人欠けて4人だけが写っていた。

 また、フィンランドの内閣は19人の大臣から成るが、写真では男女それぞれ2人ずつ、合計4人が欠けている。

 法務大臣の交代もあった。昨年12月から法務大臣を務めていた33歳の女性政治家、K・クルムニは今年7月に辞任しており、現在の法務大臣は64歳の男性政治家である。

 クルムニは、公の場でのプレゼンテーションを学ぶために個人レッスンを受けていたが、その費用5万ユーロ(約600万円)を国費から払っていたことが問題になり、自費で返済したものの2020年6月に辞任に追い込まれた。さらに今月初旬、所属する中央党の党首選挙に破れ、現在は党首ではない。

 中央党の党首選挙で勝ったのは、36歳の女性政治家A・サーリッコ。1年間の育児休暇から復帰して、8月に科学文化大臣の職に戻った。

 そういうわけで、2019年12月に女性12人、男性7人で出発したフィンランドのマリン内閣では、5つの党から成る連立内閣の党首全員が女性であることは変わっていないが、大臣だった女性が一人減って男性と交代したので、現在女性11人、男性8人という構成になっている。

 それでも、日本の菅内閣の女性2人、男性18人という構成との差は大きい。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です