韓国・文政権スキャンダルまみれ 第二の“タマネギ男”に?法相息子が兵役で特別待遇か 識者「度が過ぎている」(夕刊フジ)

出典元:夕刊フジ

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がスキャンダルまみれだ。ソウル西部地検が14日、元慰安婦支援団体前理事長で与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員(55)を業務上横領や詐欺など6つの罪で在宅起訴した。一方、秋美愛(チュ・ミエ)法相の息子が兵役での休暇を巡り特別待遇を受けた疑惑で、ソウル東部地検は息子らから事情聴取した。

 尹被告は「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が運営する博物館で虚偽の登録申請、3億ウォン余り(約3000万円)の補助金を不正に受け取った罪などで起訴された。

 この立件は秋氏の疑惑への不満をそらす“ガス抜き”との見方もある。

 秋氏が「共に民主党」代表当時の2017年、息子は兵役の休暇を計23日間取得したが、休暇延長に必要な手続きを経ていなかったとされる。秋氏夫婦らが便宜を要請したとの指摘もある。

 朝鮮日報(電子版)は、息子が政府支援のインターン制度を利用し、プロサッカーKリーグ「全北現代」の事務局に採用されたと報じた。競争率は60倍で、秋氏の法相就任直後に書類審査や面接が行われたという。

 龍谷大教授の李相哲氏は、「韓国の権力者には大小の疑惑が浮上することはあるが、秋氏は度が過ぎている」と語る。

 秋氏は裁判官出身で、金大中(キム・デジュン)元大統領の誘いで政界進出。検察改革へ文大統領が白羽の矢を立て、法相に就任した。

 文政権では「タマネギ男」こと前任のチョ・グク氏も娘の入試を巡る不正疑惑などで辞任。格差が激しい韓国では特権階級の子女への特別待遇に若者らが強く反発する。14日に世論調査会社が発表した文大統領の支持率は前週比2・5ポイント下落。特に20代の支持率が低い。

 前出の李相哲氏は、「早くこの問題を解決しなければ政権へのさらなる打撃は避けられない」と指摘した。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です