韓国でも「異世界転生」が流行している? 韓国ウェブ小説の衝撃(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

『82年生まれ、キム・ジヨン』以来、韓国文学が日本でブームになっている。

 一方、韓国のウェブ小説はカカオジャパンが運営するマンガアプリ「ピッコマ」上で『俺だけレベルアップな件』『捨てられた皇妃』など数作が翻訳配信されているものの、一般的な知名度はまだない。

【写真】中国人観光客が、日本の電車・バスに「感動している」意外なワケ

 しかし、韓国コンテンツ振興院によると韓国ウェブ小説市場は、2018年には推計4300億ウォン(約430億円)を突破し、いまだ拡大を続けている(KOCCA JAPAN BUSINESS CENTER「KCBニュース」「vol.18」,2019.10.18)。

 日本のウェブ小説市場の統計はないが、たとえば文庫本のライトノベルの推定販売金額は2019年で143億円(『出版指標年報2020年版』出版科学研究所)。ウェブ小説書籍化の主戦場は文庫ではなく単行本だが、文庫のラノベと足しても430億円もないのではないか。

 2018年の韓国のGDPは1.619兆ドル、日本は4.971兆ドルと約1:3、人口は日本の1億2650万人に対して韓国5170万人と約40%であることを考えると、韓国ウェブ小説市場は破格に大きい。

 にもかかわず韓国ウェブ小説自体の日本語翻訳は少ないのだが、ウェブ小説を原作にウェブトゥーン(フルカラー縦スクロールマンガ)化された作品であれば「LINEマンガ」や「ピッコマ」などのマンガアプリでいくつも読める。

 それらを見ていくと、「小説家になろう」をはじめとする日本のウェブ小説でもジャンルとして定着している「異世界転生・転移」ものが韓国にも存在していることがわかる(ちなみに中国ウェブ小説でも人気ジャンルのひとつである)。

 ただしこれはどちらかがどちらかに強い影響を与えたわけではなく、基本的にはそれぞれの国で発展したもののようだ。なかなかに興味深い現象である。

 日本とは似て非なる韓国の異世界転生・転移もの、韓国ウェブ小説の歴史と動向について、韓国トップクラスのウェブ小説&ウェブトゥーンプラットフォームであるカカオページのオ・ジョンウォン氏と、韓国オタク文化の歴史に詳しいコミックポップエンターテインメント社の宣政佑(ソン・ジョンウ)氏に訊いた(カカオページへの取材およびオ・ジョンウォン氏の回答の翻訳は同社勤務のキム・スジョン氏に協力いただいた)。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です