銀獅子賞受賞、黒沢清監督が海外でウケるワケ 映画記者「当代一のサスペンスの巨匠」(夕刊フジ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:夕刊フジ

第77回ベネチア国際映画祭で、最優秀監督賞(銀獅子賞)に輝いた「スパイの妻」(10月16日公開)の黒沢清監督(65)。国内の受賞歴は多いが、2015年にカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で監督賞を受賞したように海外で強いのだ。

 ベネチアで銀獅子賞を獲得したのは、03年の「座頭市」で北野武が受賞して以来。過去に銀獅子賞を受賞した監督は黒澤明、溝口健二、熊井啓ら巨匠ぞろいだ。

 「スパイの妻」は黒沢監督の育った神戸が舞台。1940年、貿易商を営む優作(高橋一生)は出張先の満州で国家機密を知り、世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井優)は危険をかえりみず愛する夫と行動をともにするのだった。

 ピンク映画「神田川淫乱戦争」(1983年)でデビューした黒沢監督が海外で注目されたのは、98年にヨコハマ映画祭作品賞に輝いた「CURE キュア」(97年)がフランスで上映されてからのこと。

 当初は「黒澤明の息子か」と話題になったこともある。カンヌ国際映画祭で「回路」(2001年)が国際批評家連盟賞を受賞したのに続き、「トウキョウソナタ」(08年)で「ある視点」部門の審査員賞、「岸辺の旅」(15年)で同部門の監督賞を受賞した。

 「(審査は)難しかったが、否定しようのない決定だ」と称賛するのは今回の審査員長を務めた女優、ケイト・ブランシェット(51)。2年前にはカンヌの審査委員長として「万引き家族」にパルムドールを授けるなど、日本映画愛に満ちた女優とはいえ、黒沢監督の海外受けはいい。

 ブラジルの映画記者、ロドリゴ・フォンセカ氏は黒沢監督を「当代一のサスペンスの巨匠。緊張感と罪悪感のジレンマは黒沢独自のもの」と評価、「究極の職人芸」とも語る。

 日本映画のオタク的ファンだけでなく俳優や監督にもファンは多い。カンヌでは映画監督のギレルモ・デル・トロ氏が会いに来たほど。16年にフランスで「ダゲレオタイプの女」を撮影した際は、仏俳優のマチュー・アマルリックがラブコールし、出演したことも。

 まさに“世界のクロサワ”にふさわしい活躍だ。 (小張アキコ)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です