米大統領、米企業側の「完全支配」がTikTok承認条件(産経新聞)

出典元:産経新聞

トランプ米大統領は21日の米テレビで、中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業に米オラクルと米ウォルマートが参画する提携案を承認したことについて、米企業側が「新法人を完全に支配しないと分かれば合意を認めない」と牽制(けんせい)した。

 オラクルなど複数の米国企業が新法人に過半出資するとの見通しが伝えられていたが、ティックトックを運営する中国IT企業、北京字節跳動科技(バイトダンス)は21日に声明を発表し、ティックトックの米国事業について、事業を引き継ぐ新法人はバイトダンスの子会社になるとの認識を示していた。(ワシントン 塩原永久、北京 三塚聖平)

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です