歴史とは、暗記を競う「覚えゲー」なのか?(日経ビジネス)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日経ビジネス

歴史学者である、東北大学大学院経済学研究科の小田中直樹教授が著した、『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか ― 世界史のなかの病原体』。

【写真】鈴木健吾(すずき・けんご)氏[ユーグレナ執行役員・研究開発担当]

 ポストコロナを予測する材料を世界史の中に探したこの本を、刊行前に読んでもらったのが、バイオベンチャー・ユーグレナ社の創業メンバーの鈴木健吾さん。医学と農学の両博士号を持つ鈴木さんとともに、「科学」を探求する視点から、感染症の「歴史」を振り返ってきたこのシリーズ。

 前回、読者から、こんなコメントをいただいた(ありがとうございます)。

 「歴史学者の書いた感染症の本を紹介するのに、藻類の専門家にインタビューをして、本の内容にはほとんど触れず、熱力学や数理モデルの話を聞く、…中略…これもエントロピーの増大ですか?」

 あまりに話題が拡散しすぎているのではないかと、突っ込みが入ったわけだ。

 今回のテーマは「歴史を学ぶ意義」。さらに話題が拡散する。

 20世紀の科学史を鮮やかに彩る「アインシュタインとボーアの対話」「神はサイコロを振らない」「シュレーディンガーの猫」……。こんなキーワードの数々が、鈴木さんの目指す「循環型の閉鎖生態系」と、どう関係するのか。

* * *

――これまで、科学の世界に身を置く鈴木さんに、『感染症は、ぼくらの社会をいかに変えてきたか』の第一読者として、感染症の歴史を振り返っていただきました。

 が、鈴木さんはそもそも、歴史という科目がお好きでしたか。歴史の本を主体的に読むという経験はありましたか。

●暗記が少ない科目が好き

鈴木:正直なところ、中高生時代、歴史は苦手科目でした。

 理系の仲間内では、歴史というのは「覚えゲー(「覚えることを競うゲーム」の意)」ではないか、という話が当時からあって。誤解されたくないのですが、特定の科目をおとしめるつもりはまったくなく、テストで点を取るという意味でいえば、歴史は覚えないことには難しく、逆に覚えればかなり楽になる。その意味で、学問に対する忠誠心が問われる分野、という印象がありました。

――暗記は面倒くさい、ということでしょうか。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です