栃木・足利学校でこども釋奠 3年ぶり最古の大成殿で(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

小中学生による「こども釋奠(せきてん)」が21日、大修理の終わった史跡足利学校(栃木県足利市)内の大成殿で厳かに行われた。

 釋奠は孔子とその弟子を祭る伝統行事で、足利学校では明治時代以降、毎年11月に開催されてきた。こども釋奠は平成26年から後世に引き継ぐ狙いで開かれている。

 足利学校では寛文8(1668)年建築で国内最古の大成殿の大修理が完了。平成29年以来3年ぶりにこども釋奠が大成殿で開催された。祭官となった小中学生9人は古式にのっとり、米や魚などを孔子座像に供えるなどした。

 今回3回目の参加となった白鴎大足利中3年の大竹美由紀さん(14)は「大成殿での釋奠に初めて参加し、改めて伝統の重みを感じた」と話した。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です