春高バレー栃木大会 男子・真岡、女子・黒磯南など8強入り(産経新聞)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:産経新聞

例年「春の高校バレー」として行われる「全日本バレーボール高校選手権大会」(全国高体連、産経新聞社など主催)への出場をかけた県大会1次予選は21日、清原体育館(宇都宮市清原工業団地)など4会場で男女23試合が行われ、10月31日からの最終予選出場校が決まった。

 男子は真岡、白鴎大足利、文星芸大付、宇都宮北が最終予選進出を決めた。真岡は3回戦で逆転勝ち。文星芸大付は全てのセットで相手に20点を取らせない安定した戦いぶりで快勝した。

 女子は黒磯南、宇都宮文星女、茂木、作新学院が勝ち進んだ。黒磯南は石橋をフルセットの末破り、宇都宮文星女は昨年ベスト4の佐野日大にストレート勝ち。茂木は1セットも落とさず8強入りを決めた。

 最終予選は1次予選を勝ち上がった男女各4校と、昨年度の県新人大会でベスト4に残った男女各4校を合わせた男女各8校で争われる。10月31日には準々決勝と準決勝、11月1日には決勝が、いずれも県北体育館(大田原市美原)で行われ、男女の優勝校が全国大会の出場権を手にする。(根本和哉)

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です