岸部四郎さん死去、71歳 「ドケチ伝説」のウソとホント 森本太郎「年上の僕にステーキをよくおごってくれた」(夕刊フジ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:夕刊フジ

8月28日に拡張型心筋症による急性心不全のため、71歳で死去していたことが明らかになったタレント、岸部四郎(きしべ・しろう)さん。ザ・タイガースのメンバーやドラマ「西遊記」(日本テレビ系)の沙悟浄役、ワイドショーの司会者として活躍する一方、まことしやかに言われたのがそのケチっぷりだが、果たして本当だったのか。

【写真】「ザ・タイガース」再結成会見当時の岸部四郎さんらメンバー

 2003年に脳出血で倒れ、その後は視野狭窄(きょうさく)やパーキンソン病を患い、入退院を繰り返しながら闘病を続けていた四郎さん。姉が住む千葉県内の病院でリハビリをしていたが、容体が急変。最期は兄の俳優、岸部一徳(73)と姉に看取られたという。

 四郎さんはザ・タイガースにギターの加橋かつみ(72)に代わって加入。解散後はドラマ「西遊記」の沙悟浄役で人気となり、84年から同局のワイドショー「ルックルックこんにちは」の司会を13年半にわたって務めた。

 芸能文化評論家の肥留間正明氏は「タレント司会の先駆者のひとりです。ひょうひょうとした司会ぶりが朝の雰囲気には合っていた」と話す。

 ザ・タイガースのギタリストとしてともに活動した森本太郎(73)は「一徳とは定期的に食事をしていたが、(四郎さんの体調について)『相変わらずだね』と話しており、良くも悪くもなっていなかった様子だった。やっぱり小さいころから知っていただけにショックです」と言葉を詰まらせた。

 最後に会ったのは自らのバンド「森本太郎とスーパー・スター」の15周年記念のライブを行った2014年11月21日。

 「一徳らとともにステージに立ち、歌えなかったが車いす姿であいさつしてくれた。ただ体調が悪くてもステージに上がりたいと思っていたのだろう」と振り返る。

 四郎さんといえば、その倹約家ぶりが伝説のようになっている。それは85年に離婚した際に慰謝料や養育費を一括して支払ったことで多額の借金を背負ったためだ。

 「番組に出演すると、控室の弁当を2つ持って帰ったとか、夜10時に収録が終わっても深夜12時まで残って局が用意したタクシーで帰ったとか言われていますが、本当は気前のいい人でした」と先の肥留間氏。

 森本も「四郎は、よく『ステーキを食べに行こうよ』と誘ってくれたものです。僕のほうが年上なのに、『太郎くん』と慕ってくれた彼はよくおごってくれましたよ。肉が好きな彼はステーキを少なくとも300グラムは食べていたな」と明かす。

 波瀾(はらん)万丈の人生に幕を閉じ、静かに旅立った。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です